さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年07月08日

ニセコ倉庫邑2012


ニセコ駅前に古いレンガと木造の倉庫群があり、そこを再生活用しようという試みが、町主体ですすめられている。
今日は、その倉庫群に、ニセコで活躍する職人さんやものをつくる人々が集まって、
クラフト、フード、ライブといったマーケットが開かれた。

メイン会場は、もともとでんぷん工場だった建物。



でんぷんせんべいの飾りは、訪れた人にこの建物がもともと何だったかを、一目で教えてくれて、
ナイス!:)

出店されていた方々は、ニセコにはじまり、羊蹄山麓界隈で活動されている皆さん。
よく知る人々で、ニセコらしいお祭りだった。
住んでいる町の歴史のある場所、建物に人が集まるというのはやはりいいものと実感。
2000人近くが訪れたようだけど、これからもこうした催し物が続いていってほしい。



スケートボードのランプもこの日のために設営されて、常時小さい子から大人まで大にぎわいだった。
友人Mさんとこのお兄ちゃんもかっこよく滑っていて感心。
ボーダーの多いニセコだから、こういうパークが町中にあってもいいよね。  
Posted by いとゆう at 12:30Comments(1)Karimpani 日誌

2012年07月01日

歌説法


ヒラフのカフェ・モーツァルトさんで、歌説法を聴きに行った。

みえられたのは、曹洞宗のお坊さん、南慧昭(えしょう)さん。

この方、歌手の南こうせつさんのお兄さんで、ご自身も、シンガーソングライターとして活躍されている。

なんの予備知識もなく行ったのだけど、声の朗々とした南こうせつさんそっくりな方だった。

おなじみのモーツァルトさんも、すごい人で溢れていた。

会が始まり、講話の後に、みんなで一緒に慧昭さんの持ち歌をうたい、
後半は、ティータイムで盛り上がった。

兄ちゃんを連れていったのだけど、5歳児にもつかな〜と懸念していたら、予想以上に一緒に楽しんでいた。
慧昭さんにも「手拍子たくさんしてくれてありがとうね。楽しんでいたね」と褒められ、
「また会おうね」と声をかけていただいていた。
モーツァルトのアキコさんからは、ちゃかりお菓子をいただいたり。徳な息子だ・・・

もともと曹洞宗の大本山永平寺と御縁があるのだが、
特に最近永平寺で修行をされたという方と出会う機会が多い。
こうして人生の折々で、巡り会えるものなのだなと実感。

慧昭さん、ニセコにまたみえられたら、ぜひ聴きに行きたい。

♪ ♪ ♪

お話の中の「3分座禅」というのが印象に残った。
腹式呼吸をし、法界定印に組んだ掌に、雑念送り込むような気持ちで3分間。
不思議と頭がすきっとするのだ。
  
Posted by いとゆう at 23:00Comments(0)Karimpani 日誌

2012年06月29日

夏、はじまる


夏日が続いたこの一週間。

カリンパニ(桜の木)の下でバーベキューしたり。



友達の家の裏で即席ライブがあったり。



自然に囲まれたニセコの夏。

楽しいこといっぱい♪

緑にくるまれれば暑さも和らぐ。
  
Posted by いとゆう at 22:00Comments(0)Karimpani 日誌

2012年06月28日

石釜登場!




ご近所のO農園さんにアースオーブン登場!
制作者はこれまたご近所のマキビト工芸さん。
この釜で焼いたラマシパンが美味しかった〜!

やさしいフォルム。火がつくとこれまた何とも言えない暖かさが漂う。
折からの雨でちょっと肌寒さを感じ、思わず釜の中に入りたくなってしまった....

屋外で釜を囲んで、みんなで美味しいピザやパンを食べて。
農場主のOさんも「いいねぇ、いいねぇ」と幸せそうでした。

フォークリフトで移動させることもできるこのアースオーブン。
「カリンパニまでの距離なら運べるよ」とのことで、
8月のカリンパニ市場でお借りしよう!と水面下で企画進行中!  
Posted by いとゆう at 23:47Comments(0)Karimpani 日誌

2012年06月25日

梅酵母づくり




はじめての梅酵母づくり。
ご近所の友人Mちゃんからお借りした『梅クラッシャー』で梅を潰す。



これ、Mちゃんご主人の手作りです!くぼみに梅を置いて、ムニッと潰す。
楽しい楽しい。横で見ていた次男坊。梅がムニッと潰れると、キャッキャッよろこぶ。
うっかり潰れた実を口に入れて、すっぱさに泣き顔になったり‥‥

おかげで1キロすぐに潰すことができ、瓶詰め、砂糖漬けと行程完了。
酵母液ができたら、シロップ、ジュース、パン種に、
そして実(み)はジャムにしてみよう。楽しみ楽しみ。
  
Posted by いとゆう at 22:12Comments(0)Karimpani 日誌

2012年06月24日

ニセコてづくり作品








カリンパニに置いてある、木芸家の野坂修さんとカゴ職人の中野伸宏さんの作品。
いずれもニセコ在住の方です。お二人の作品を常設展示販売しています。
木工芸と蔓のカゴ。自然素材のぬくもりと作家さんのお人柄が感じられる作品です。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

今日は久しぶりに晴れたー◎
父ちゃんは朝から木こりに。私は午後から枝切り。
白樺や松の枝を切り落とし、枝と幹を仕分ける作業。
大半は、薪ストーブの燃料に。



去年はびっしりと木々がそびえたち、草も生い茂り、夏の間は薄暗い印象だったけど、
父ちゃんがかなり伐採してくれたおかげで、だいぶ明るくすっきり。


Before...


After!

きちんと手入れすると、裏庭とはいえ、活き活きとしてくるものだ♪
土手の上の熊笹も刈りはらったら、小学校の敷地がまだあったことも判明!
ベンチや小さな小屋くらいなら置けるスペース。裏庭にちょっとした展望コーナーが作れそうです。  
Posted by いとゆう at 23:47Comments(0)Karimpani 日誌

2012年06月23日

そよかぜバザー




今日は生活の家主催の「そよかぜバザー」へ。焼きそばやおでんなどの屋台も出て楽しい。
衣類や雑貨も山のように積み上げられていて、ひたすら掘り出す掘り出す掘り出す・・・

さて、今回の一番の目的はお母ちゃんの衣類!フォーマル1〜2着持っていれば、
あとはバザー品で充分となってしまったお母ちゃんのワードローブ。
大人ものが大量に出るそよかぜバザーは貴重な機会なのです!しかし今回は掘り出し物にあたらず。。
一緒に連れていった兄ちゃんは、さんざん友達と遊んで、わたあめ食べて楽しんで、
最後にウルトラマンのDVDを掘り出し満足して家路についた。。

初夏(6月)と初冬(10月頃)に開催される生活の家のバザー。
晴れていたら羊蹄も望める緑に囲まれたいい場所です。
(写真は一年前の。今回はあいにくの曇り空)  
Posted by いとゆう at 15:59Comments(0)ニセコ

2012年06月22日

暖をとる



寒い日が続く、ここニセコ。
数日前には食堂の薪ストーブで火を焚いた。
ほんわか暖まりはじめたところへ、ご近所の農家さんがみえたり、
体育館で自主保育するお母さんがふらりと立ち寄ってくれたり。

しばらくお客さんぱったりだったカリンパニ。。。
火をたいてみたら、久々に食堂がほんわりした雰囲気に包まれた^^

  
Posted by いとゆう at 13:00Comments(0)Karimpani 日誌

2012年06月21日

本日、夏至




これから日が少しずつ短くなっていくと思うと、ちょっと寂しい。
でも、ニセコの夏はこれからです!

玄関に、向日葵を。
黄色い花は、入口や受付とかに飾ると風水的に吉!なのだそう。
  
Posted by いとゆう at 10:00Comments(0)Karimpani 日誌

2012年06月20日

ニセコてづくり市 




5月5日 こどもの日
カリンパニの体育館に「ニセコてづくり市」がやってきました!

10月まで毎月第2土曜日に、ニセコ道の駅ビュープラザ近くで開催されるこのてづくり市。

初回は、あいにくの雨模様。場所を急遽うちにうつして、
ライブや踊り、太鼓や運動会(!)とこどもたち大喜びなイベントも盛り込んでにぎやかに催されました。
ニセコで生まれたてづくりの作品。遊び心満載の楽しい市。
みなさん、ぜひぜひご参加ください♪

☆ウェカルパウチ テケカル チセ『ニセコてづくり市』☆
6月〜10月までの第2土曜日開催(7月は第1土曜日も!)
開催日:6月9日・7月7日、14日・8月11日・9月8日・10月13日
時 間:8時〜18時
場 所:国道5号線および66号との交差点、ホクレンのガソリンスタンドを越えて2つ目の路地を左折。ビュープラザ臨時駐車場裏。
出店・お問い合わせ:山崎 070-6607-7050 佐川 090-4167-0405 テケカルチセの会  
Posted by いとゆう at 14:00Comments(0)Karimpani イベント

2012年06月20日

ごあいさつ



はじめましての方もお久しぶりの方も。
カリンパニ通信としてブログを再開します。
ここは北海道ニセコ町。アンヌプリ国際スキー場から車で5分ほど。
高原にたたずむ木造の小学校校舎を活用したユースホステルです。
20年来「ニセコ高原ユースホステル」として親しまれてきましたが、
2011年よりオーナーが変わり、「ユースホステルカリンパニ・ニセコ藤山」の名称で再スタートを切りました。
旅人の方はもちろん、地域に根ざし、地元の人たちにも活用してもらえるような場にしていきたいと考えています。

名称のカリンパニは、アイヌの言葉で「桜の木」という意味。
校舎の傍らにゆったりとたたずむエゾオオヤマザクラ。この土地の主です。

この春は、冬の寒さも影響してか、大振りな美しい花を咲かせてくれました。
新緑を経て、夏、深い緑に包まれるカリンパニも見事なものです。
皆様のお越しをカリンパニとともにお待ちしております。

ユースホステルカリンパニのホームページはこちらをご覧下さい。
  
Posted by いとゆう at 12:00Comments(0)ごあいさつ