さぽろぐ

  暮らし・住まい  |  その他北海道

ログインヘルプ


 › カリンパニ通信

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2020年01月11日

散歩

40年もの間、これほど雪が少ないことはなかったと、地元の人は言う。
さっぱり降らない。降っても積もらず。
寒気が北極あたりに留まっているのが原因なんだとか。
除雪は楽だけど、スキー場は春までもつのか。皆ぼやく。

金曜日は快晴で、久しぶりに森を歩きたい気分になった。
半月湖にでも行こうかと思ったけれど、すでにお昼を周り、子供を連れて行くにはちょっと出遅れた。
ならば、森ではないけど目の前の雪原へ。
スノーシューを履いて、校庭を抜けて、畑の脇を南へ歩いた。
9年間ここに住んでいるけれど、隣の畑まで足を延ばすのは初めてのこと。
アンヌプリ、ニセコ連山を背に、畑の中間あたりまでくると東に羊蹄山の頂がよく見える。
南の秀峰昆布岳も変わらず綺麗だ。
足元には、野ウサギの足跡か。
大した距離ではないけれど、春のような陽気の中、往復したら少し汗ばんだ。







  


Posted by いとゆう at 22:43karimpani日誌

2020年01月06日

ねずみのほん

今年の干支はねずみ。
それを知ってか知らずか、年明け最初に、娘が寝る前に読んで!と持ってきたのは「ねずみのほん」シリーズ。
川崎市宮前区で文庫を営んでいた主人の叔母様からいただいた絵本のひとつで、長男も次男も大好きだった。我が家の読み聞かせ上位に入る本です。
ねずみの絵本うちにどれだけあったっけ?と探してみる。
「ぐりとぐらシリーズ」「ねずみのすもう」に「のねずみラリレット」。そして、やはり長男がDVDととも大好きだった「メイジーシリーズ」。我が家にはないけど、有名どころでは「ねずみくんのチョッキ」シリーズ、「14ひき」シリーズに「フレデリック」もあったね。十二支の中でもイヌ、ウサギに次いで絵本の主人公率が高いのではないだろうか、ねずみくん。
「ねずみのほん」のねずみくんたちはちょろちょろ右往左往しながらも、運を味方につけ幸先いい。





  


Posted by いとゆう at 21:33絵本

2020年01月01日

新年

あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします

ひと月ほど前にカリンパニはおかげさまで8周年を迎えることができました。ニセコでの冬も10シーズン目に入ります。
ここまでの道のりにおいて、ほんとうに多くの方々に支えていただき、無事に宿と暮らしを続けることができました。
今年も無理せず、それでいてまた新たな目標も掲げつつ、目の前のことをこなしていこうと思います。

今シーズンのカリンパニクルーは、いつもカリンパニを支えてくれているシェフのケイさん、ベンに加え、ニセコの雪が大好きなジョー、フランシス、ウィルに、もうじきやってくるアダム!
まだまだ雪の少ないニセコですが、世界中からのゲストさんとともに楽しい滞在となりますように!



  

Posted by いとゆう at 22:38karimpani日誌

2012年07月01日

歌説法

ヒラフのカフェ・モーツァルトさんで、歌説法を聴きに行った。

みえられたのは、曹洞宗のお坊さん、南慧昭(えしょう)さん。

この方、歌手の南こうせつさんのお兄さんで、ご自身も、シンガーソングライターとして活躍されている。

なんの予備知識もなく行ったのだけど、声の朗々とした南こうせつさんそっくりな方だった。

おなじみのモーツァルトさんも、すごい人で溢れていた。

会が始まり、講話の後に、みんなで一緒に慧昭さんの持ち歌をうたい、
後半は、ティータイムで盛り上がった。

兄ちゃんを連れていったのだけど、5歳児にもつかな〜と懸念していたら、予想以上に一緒に楽しんでいた。
慧昭さんにも「手拍子たくさんしてくれてありがとうね。楽しんでいたね」と褒められ、
「また会おうね」と声をかけていただいていた。
モーツァルトのアキコさんからは、ちゃかりお菓子をいただいたり。徳な息子だ・・・

もともと曹洞宗の大本山永平寺と御縁があるのだが、
特に最近永平寺で修行をされたという方と出会う機会が多い。
こうして人生の折々で、巡り会えるものなのだなと実感。

慧昭さん、ニセコにまたみえられたら、ぜひ聴きに行きたい。

♪ ♪ ♪

お話の中の「3分座禅」というのが印象に残った。
腹式呼吸をし、法界定印に組んだ掌に、雑念送り込むような気持ちで3分間。
不思議と頭がすきっとするのだ。
  

Posted by いとゆう at 23:00

2012年06月24日

ニセコてづくり作品







カリンパニに置いてある、木芸家の野坂修さんとカゴ職人の中野伸宏さんの作品。
いずれもニセコ在住の方です。お二人の作品を常設展示販売しています。
木工芸と蔓のカゴ。自然素材のぬくもりと作家さんのお人柄が感じられる作品です。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

今日は久しぶりに晴れたー◎
父ちゃんは朝から木こりに。私は午後から枝切り。
白樺や松の枝を切り落とし、枝と幹を仕分ける作業。
大半は、薪ストーブの燃料に。



去年はびっしりと木々がそびえたち、草も生い茂り、夏の間は薄暗い印象だったけど、
父ちゃんがかなり伐採してくれたおかげで、だいぶ明るくすっきり。


Before...


After!

きちんと手入れすると、裏庭とはいえ、活き活きとしてくるものだ♪
土手の上の熊笹も刈りはらったら、小学校の敷地がまだあったことも判明!
ベンチや小さな小屋くらいなら置けるスペース。裏庭にちょっとした展望コーナーが作れそうです。  

Posted by いとゆう at 23:47

2012年06月22日

暖をとる



寒い日が続く、ここニセコ。
数日前には食堂の薪ストーブで火を焚いた。
ほんわか暖まりはじめたところへ、ご近所の農家さんがみえたり、
体育館で自主保育するお母さんがふらりと立ち寄ってくれたり。

しばらくお客さんぱったりだったカリンパニ。。。
火をたいてみたら、久々に食堂がほんわりした雰囲気に包まれた^^

  

Posted by いとゆう at 13:00

2012年06月21日

本日、夏至



これから日が少しずつ短くなっていくと思うと、ちょっと寂しい。
でも、ニセコの夏はこれからです!

玄関に、向日葵を。
黄色い花は、入口や受付とかに飾ると風水的に吉!なのだそう。
  

Posted by いとゆう at 10:00