さぽろぐ

  暮らし・住まい  |  その他北海道

ログインヘルプ


 › カリンパニ通信 › 2020年01月

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2020年01月11日

散歩

40年もの間、これほど雪が少ないことはなかったと、地元の人は言う。
さっぱり降らない。降っても積もらず。
寒気が北極あたりに留まっているのが原因なんだとか。
除雪は楽だけど、スキー場は春までもつのか。皆ぼやく。

金曜日は快晴で、久しぶりに森を歩きたい気分になった。
半月湖にでも行こうかと思ったけれど、すでにお昼を周り、子供を連れて行くにはちょっと出遅れた。
ならば、森ではないけど目の前の雪原へ。
スノーシューを履いて、校庭を抜けて、畑の脇を南へ歩いた。
9年間ここに住んでいるけれど、隣の畑まで足を延ばすのは初めてのこと。
アンヌプリ、ニセコ連山を背に、畑の中間あたりまでくると東に羊蹄山の頂がよく見える。
南の秀峰昆布岳も変わらず綺麗だ。
足元には、野ウサギの足跡か。
大した距離ではないけれど、春のような陽気の中、往復したら少し汗ばんだ。







  


Posted by いとゆう at 22:43karimpani日誌

2020年01月06日

ねずみのほん

今年の干支はねずみ。
それを知ってか知らずか、年明け最初に、娘が寝る前に読んで!と持ってきたのは「ねずみのほん」シリーズ。
川崎市宮前区で文庫を営んでいた主人の叔母様からいただいた絵本のひとつで、長男も次男も大好きだった。我が家の読み聞かせ上位に入る本です。
ねずみの絵本うちにどれだけあったっけ?と探してみる。
「ぐりとぐらシリーズ」「ねずみのすもう」に「のねずみラリレット」。そして、やはり長男がDVDととも大好きだった「メイジーシリーズ」。我が家にはないけど、有名どころでは「ねずみくんのチョッキ」シリーズ、「14ひき」シリーズに「フレデリック」もあったね。十二支の中でもイヌ、ウサギに次いで絵本の主人公率が高いのではないだろうか、ねずみくん。
「ねずみのほん」のねずみくんたちはちょろちょろ右往左往しながらも、運を味方につけ幸先いい。





  


Posted by いとゆう at 21:33絵本

2020年01月01日

新年

あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします

ひと月ほど前にカリンパニはおかげさまで8周年を迎えることができました。ニセコでの冬も10シーズン目に入ります。
ここまでの道のりにおいて、ほんとうに多くの方々に支えていただき、無事に宿と暮らしを続けることができました。
今年も無理せず、それでいてまた新たな目標も掲げつつ、目の前のことをこなしていこうと思います。

今シーズンのカリンパニクルーは、いつもカリンパニを支えてくれているシェフのケイさん、ベンに加え、ニセコの雪が大好きなジョー、フランシス、ウィルに、もうじきやってくるアダム!
まだまだ雪の少ないニセコですが、世界中からのゲストさんとともに楽しい滞在となりますように!



  

Posted by いとゆう at 22:38karimpani日誌